お久しぶりです。

相変わらず遅筆な小太り産業医です。自分に厳しくないところが、痩せない理由でしょうね。
自己分析して分かっているけど、改善しようとしないところも、自分に厳しくないところ。

さて、最近HPに従業員50人未満の複数の会社から依頼が相次ぎました。
・医師面談をして欲しい
・努力義務だがストレスチェックを行いたいので実施者になって欲しい
・職場改善に助言をして欲しい
などなど。

でも、やはり依頼のトップはメンタル関係。

今回、ご依頼いただいた会社の代表取締役や担当役員とお目にかかる機会を設けていただいた際に異口同音にして、
「この問題に正面から向かわないと、会社の発展が無い」
とはっきりとお話しになります。

実際に面談したところ、次のようなお話が聴かれました。
「自分が目指すロールモデルがいない。」
「指示命令系統が一貫していなくて、仕事が多すぎる。」
「中途採用だけど、自分のやりたいことがさせてもらえない。」

これらが原因でメンタル不調に陥る従業員は本当にいるのです。

あれ?でも、この悩みって、どこの会社でも聴く悩み事です。
特に急成長している会社で聴くことが多いですね。

会社が成長していく過程で、人材育成や中途採用をおざなりにしていると、

若い従業員の仕事に対するモチベーションの喪失、
過重労働、仕事のミスマッチなどに繋がり、
メンタル不調者を生み出してしまうのです。

でも、会社は成長し続けなくてはいけない・・・。

会社が大きくなってからメンタルヘルスリスクマネジメントを始めても、結局後手後手になってしまします。
従業員のココロとカラダのセーフティネットをしっかりと確保しながら、成長できれば理想ですね。

今回依頼していただいた従業員50人未満の会社は、今からしっかりとメンタルヘルスと向き合う会社は、大きくなっても大丈夫でしょう。
また、とある会社は「50人以上になったら、是非先生に産業医をお願いしたいです。」と嬉しい言葉をいただきました。
いつか、その会社の産業医になれるように私も日々研鑽していきます。

そして、我が社はまだまだ大丈夫と思っている方々!
御社がもう一回り大きくなるためにはメンタルヘルスリスクマネジメントは避けて通れません。
見て見ぬふり(不作為行為)は、罪に問われることもありますよ!
気をつけてください。