株式会社なごや産業医事務所お問い合わせ、ご相談はこちら≫

ブログ&ニュース トップ ≫

カテゴリー

カレンダー

<  2018-09  >
 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
 
≪ 最新の投稿    過去の投稿 ≫

最新情報

なごや産業医事務所のブログ&ニュース
[2018年09月07日]
カテゴリー: 講演&メディア
投稿者: 小太り産業医

2018年10月1日~7日の全国労働衛生週間に向けての準備として、各地で説明会が行われています。
そんな中、2018年9月5日に一宮労働基準協会にて


ハラスメントがメンタルヘルス不調者を作る

~電通事件の本質はハラスメントか?~

を講演してきました。

ここ最近は本当にハラスメントの講演依頼が多くなってきています。
スケジューリングが苦手な小太り産業医は9月に3つも講演会の予定を入れてしまい、お尻に火が付きまくっていて、丸焼きになりそうです。

産業医がハラスメントを語るとき、何を話すべきかを考えました。
ハラスメントの定義、種類、対応法などは弁護士や社労士の先生がいろんな所で講演しているので、今さら産業医から聞いてもねぇ・・・、と思われるのが関の山です。

やはり、産業”医”なので医学的見地から話すことにしました。
そこで、ハラスメントとメンタルヘルスとの関係を中心にお話ししてきました。

今、小太り産業医が経験しているのは、ハラスメントを目撃している人がうつ病に陥っている従業員です。
実はハラスメントの現場を目撃しているだけでもメンタルヘルスが落ち込んでしまうというエビデンスは散見されます。
でも、会社の人達は「直接、ハラスメントを受けていないのになぜ?」と考え、なかなか解決に至っていません。
この結末もどこかでお話しすることもあるでしょう。

 

次は9月14日に愛知県経営者協会でお話しします。

[2018年07月22日]
カテゴリー: 講演&メディア
投稿者: 小太り産業医

さんぽ会・名古屋にて講演してきました。

先日、7月20日(金)にさんぽ会・名古屋にて講演してきました。
以前より、この会に参加させていただいておりまして、主催の安田先生とも懇意にしていただいておりました。
昨年、私が理事を務める一般社団法人日本ストレスチェック協会の「大人の発達障害への対処箋」を聴いていただいた安田先生からのご依頼でした。
さんぽ会・名古屋でも以前から大人の発達障害に対する関心や要望が強く、開催となりました。

私は精神科専門医でも無いですし、もちろん大人の発達障害の専門家でもありません。
ただ、現場実務の中で四苦八苦しながら何とか働きやすい環境を作り出すにはどうしたらよいかを日々考えていて、良かったこと失敗したことなどを皆さんにお伝えできればと思い、引き受けました。

精神科医の先生も参加されていましたが、今回企業保健師の方もかなり多く参加されていました。
精神科医の先生からも
「我々は診察室だけで、いろいろ言っているだけだけど、実務での壁はなかなか経験できない。いろいろ聞けて良かったです。」

保健師の方々からは
「現場で悩むことが多いのですが、腑に落ちたことが多かった」

などのお言葉をいただきました。

あと、私のクライアントで、実際に大人の発達障害を抱えた従業員への対応をされているお二方のお話も好評でした!
無理なお願いを快く引き受けていただいたお二人にはこの場を借りて、感謝申し上げます。

講演に先立ち、写真撮影をお願いするのを忘れていました。
今回はチラシで。もう既に終わっていますが・・・・。

[2018年07月02日]
カテゴリー: 講演&メディア
投稿者: 小太り産業医

先日、6月30日(土)に東海高校・中学校主催のサタデープログラムに講師として登壇する機会をいただき、学生向けに話してきました。

私の母校でもあるこの学校は日本で一番医学部に送り出すことで有名です。しかし、これから医者でもキャリアデザインが重要である事を話しました。 まあ、ボクみたいに王道から外れている人の話を聞くのは、物珍しいのか学生を中心に150名も予約があり、当日は立ち見がいましたね。

人口減少、AIの台頭、2033年には医者が余る時代がやってくるなど、かなりセンセーショナルな内容でビビらせてきました。笑 私なんか、起業医を名乗るのはおこがましいですが、起業する医者が増えてきました。新しい、キャリアデザインを示して、少しでも学生の興味がわいてくれると嬉しいです。

[2018年06月03日]
カテゴリー: 講演&メディア
投稿者: 小太り産業医

 

先日、6月1日(金)に愛知県経営者協会にて
『大人の発達障害とメンタルヘルス不調 ~向き合い方と対処法~ 』
を講演してきました。

近年、発達障害が世に知れ渡るようになり、何でもかんでも「発達障害では無いか?」と考えてしまう風潮にあります。
また、発達障害であるかどうか白黒ハッキリさせて欲しいと、会社が要望するケースもあります。

しかし、私は診断することに社会的、医学的に意義は無いと考えています。
むしろ発達障害にはグレーゾーンがあり、幅や特性が千差万別であることを理解し、職場の環境調整が非常に重要だと考えています。

発達障害の基本と私が経験から考えた環境調整の方法について話してきました。

今回は会社の人事・総務・労務関係者でした。
若干違った内容とはなりますが、産業保健に関わる方々のために7月20日(金)にさんぽ会・名古屋でも大人の発達障害について話します。
ご興味のある方は是非ご参加ください。

[2018年03月09日]
カテゴリー: 講演&メディア
投稿者: 小太り産業医

先日、クライアントにてKJ法を用いた職場改善を考える会を開き、ファシリテーターとして参加してきました。

ストレスチェック後の集団分析にていくつかの職場で、「不健康」状態と判定される結果でした。 そこで、産業医の私に相談があったのですが、会社とどのような改善策があるのか協議を重ねていました。 会社としては座学ではなく、積極的に管理職が関わるような何かを開きたい、と要望がありKJ法による職場改善を考える会となったのです。

今回の方法として 考える会に先立ち、

・集団分析の結果および多少の分析を伝える。

・部署を二つに分け、二回開催にわける。

・他部署との混合ではなく、

・同じ部署の管理職で議論してもらう。 終了後、付箋と模造紙を公表する。

まあ、最後が少しハードルが高いですよね。

詳細はお話しできませんが、非常に盛り上がった印象。 ぜひ、議論した内容を職場改善に繋げてほしいものです。

個人的には、日本ストレスチェック協会の「みる・きく・はなす技術」を受講されてから、KJ法を行うとかなり有効な気がしますね。

スポットでも「みる・きく・はなす技術」やKJ法のファシリテーターのご依頼があればお問い合わせください。

ページ上部へ↑

ストレスチェックニュースへのリンク

不安・ストレス・悩み、職場のメンタルヘルストラブル等への対処、ストレスチェック制度への実践的対策等をサポートするコンテンツが多数あります。
小太り産業医のコラム、連載中!