厚生労働省のHPに 「転倒災害防止対策」のページがアップされました。

冬季は転倒労災が多くなります。 今年は暖冬なので、積雪、凍結は起きませんが、 反対に慣れていないからこそ、危ないのです。 寒いのでポケットに手を入れて歩く人も多くなりますから 余計に危険です。

もちろん、これだけではありません。 65歳定年が導入され、従業員の平均年齢が上昇しました。 40歳から転倒労災は増加する傾向にあります。 ということは、会社として転倒労災に気をつけなくてはいけません。

20代や30代であれば、つまずいても 「おっとっと!」で済んだコトが 40代以降となれば、転倒してしまいます。

自分の運動能力を過信しないで気をつけてください。

厚生労働省HP 転倒災害防止対策