本日は、愛知労働基準協会にて
「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習」
”病理と症状”と”救急処置”について講義してきました。

基本的には教科書に沿った講義になりますが、
以下に80人の受講者が寝ないような講義をするために
いろんなエピソードをちりばめました。

・宇宙船内は約20%の酸素しか存在しない
・血液型は酸素を運ぶ赤血球の表面の”型”に過ぎない
・1分間に100回の心臓マッサージを行うために、
 アメリカ心臓病学会は映画サタデーナイトフィーバーの
 ”Stayin' Alive(生き続けている)”
 を推奨していること、そして実際に聞かせました。
などなどを話しました。

これで、少しでも記憶に留めておくきっかけになれば幸いです。