株式会社なごや産業医事務所お問い合わせ、ご相談はこちら≫

ブログ&ニュース トップ ≫

カテゴリー

カレンダー

<  2017-11  >
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
≪ 最新の投稿    過去の投稿 ≫

最新情報

なごや産業医事務所のブログ&ニュース
[2017年10月30日]
カテゴリー: 講演&メディア
投稿者: 小太り産業医

愛知県経営者協会でセミナー講演してきました。

先日、10月27日に愛知県経営者協会にて講演して参りました。
昨年はミニセミナーでしたが、今回は比較的大きなセミナー講演を任せられ、光栄です。

今回のテーマは”メンタルヘルス不調による休職者の復職対応”です。
タイトルはいろいろ考えましたが、流行りモノに弱い小太り産業医は

復職診断書がやってきた!
  ~従業員への忖度と復職のレッドライン~

としました。

店員50名で一杯となっており、緊張しましたがなんとか3時間無事任務完了。
主催者側からも、「正直こんなに評価が高いセミナーは見たことがない」と言われ、木に登りかけておりましが、細君から気をつけるように!と釘を刺されました。笑


以下はセミナー受講者の声です。
(経営者協会から許可を得ております)

①講義の全体(テーマ、内容)について
実例を挙げていただいて分かりやすかった。
現実に抱えている問題に対しての対応で参考になった。
とても分かりやすく、実際の症例も紹介いただきよかったです。
産業医は健康診断やメンタルヘルスチェックぐらいしか関わりがない。本来あるべき産業医のスタンスについて知りたくなりました。
よくある事例に沿っていた。
ありきたりなことだけでなく、ぶっちゃけの話がきけて、とても参考になりました。
自社の例についてもっと相談したかった。
分かりやすかった。復職判定基準について、よく分かった。
本日のレジメを職場内で活用したい。
休職中の人がいるので、早速使えるようなことが多く、大変身になった。
人の心を扱う人事として対応のものさし的なものを教えていただける内容で大変参考になった。各項において体験からくる具体的内容がありよかった。
今困っているテーマだったので大変参考になった。
復職の考え方、リハビリ期間の給与の考え方など、具体的にどう取り組むことができるのか参考になった。
産業医の重要さを改めて考えさせられた。
当社のニーズにマッチしていた。現在復職支援規程を作成しているため。


②講師の説明・表現力について
説明が分かりやすく、時間も早く過ぎた。
分かりやすかった。他社の事例も参考になった。
復職基準について具体的によく分かったが、相手が病気なので、どういうことを言うとよくないか、環状に寄り添うとは患者側に立ったケアの仕方というのも繊細な部分も聞けるとより良かった。
実際に会った生々しい事例が興味深く、自社でも似たケースがあるので参考になった。
実例も交えてお話し下さったので分かりやすかったです。
話がうまく、最後まで飽きずに受講できた。
とても分かりやすく説明されていた。速さ、声もよい。
分かりやすい説明でした。ありがとうございました。
事例が多く、資料が見やすかった。
明朗軽快でよかった。
今までどちらかというとメンタルダウンした労働者側に寄った対応が多かったが、本日の講義は決してそうではないことが分かり目からウロコでした。
歯切れの良い説明で大変納得できた。
通常グレーと判断される内容の話を断言的に話していただけるところがよかった。
個人意見としてはっきり言っていただいたのでよかった。
明快で飽きさせない話し方で興味深く聞けた。
その都度質問に的確に答えてくれてよかった。
話は非常に明瞭で分かりやすかった。都度質問していい雰囲気だったので、疑問や不明点がすぐに解消できた。


③難易度について
非常に身近なDairyな内容で分かりやすかった。
事例があり分かりやすかった。
各種事例も紹介して講義をいただき大変参考になった。
分かりやすく説明いただいたのでよく理解できた。
実務に沿った実践的内容で非常に分かりやすかった。
事例をあげていただいたので分かりやすかった。
多くの会社が課題としていることを聞けたので、非常に難易度が適当だったと思う。


④次回同じテーマで実施する際の要望
障害別の対応例を紹介しながら(身体、精神、発達障害)三河地区で開催してほしい。
講師の今後のセミナー情報がほしい。
復職後、休職前のフォローについて知りたい。
メンタル不調と思われる従業員に精神科受信を促す話し方や注意点について
早い機会にまたやってほしい。他の社員にも参加させたい。
次回は3か月後くらいに、新たな事例を加えて開催してほしい。


⑤その他コメント
今日はありがとうございました。参加して非常に良かったです。

[2017年10月24日]
カテゴリー: 講演&メディア
投稿者: 小太り産業医

本日、クライアントにて管理職のためのコミュニケーション・スキルである

「みる・きく・はなす技術」

について講演して参りました。

今回も隣同士に座った方とお互いに2分間褒め合うが一番盛り上がったワークでした。


本当にストレスチェックが終わって、クライアントからの管理職研修依頼が増加しています。
何度も同じコンテンツで話しているのですが、やはり毎回新しい発見があります。

さらに上手く皆さんに伝えられるように、私もスキルアップして参ります!

[2017年09月25日]
カテゴリー: 講演&メディア
投稿者: 小太り産業医

先日、9月22日(金)に日本ストレスチェック協会のセミナーにて発達障害について話してきました。

発達障害の基本
・自閉スペクトラム症
・注意欠如多動性障害
それぞれの特徴と違い
社会で問題となる所

会社での対処箋
(私は発達障害は病気では無く、特性と考えています。だから、処方箋という言葉は使いたくないのです)
①Visualize:視覚化

②Concreteness:具体性

③Strength & Weakness:得意と苦手

④Reflection:振り返りと学習・ルール作り

⑤Support:理解を増やす、ツールを使う

そして、最後に小太り産業医の思うところを話してきました。

用意した部屋いっぱいの参加者からは多くの反響があり、小太り産業医としても励みになります。
同業の産業医の先生からもお褒めの言葉をいただき、苦労が報われました!

【大人の発達障害への対処箋についての講座感想】
• 発達障害に関する誤解がとけた。
• 発達障害は、障害ではなく、特性であると理解しました。
• 発達障害の人たちへの教育方法は、どの人たちへの教育方法と変わらず、細やかな配慮がひつようだと思いました。
• 発達障害について、わかりやすく理解できた。
• 発達障害の対応は半分は弊社もやっていましたが、知らない部分もあり、細かく説明していただきヒントになりました。
• 発達障害への打ち手が増えた。
• 自分が取り組んできた対応が、まちがっていなかったと確認できた。
• 発達障害の方の関わり関わり方について、事例をもとに理解が深まった。
• 大人の発達障害の人への対応に困っている会社様によく接するので、どう対応したら良いか知ることができました。
• 発達障害の方を含め、対処が可能であると実感した。
• 発達障害は病気であり、どうすれば治るのかずっと考えていたが、治るものではない、個性であり、どううまく付き合っていくのかというところでは、考えに変化がありました。
• 会社のメンタル不調者を思い浮かめると、ASD、ADHDに該当するなぁと感じることができてよかった。
• 発達障害は、一人一人対応するプロセスが違うということがよくわかった。
• 自分が発達障害に当てはまるような、逆に不安になりました。
• 発達障害は、特性であり、生まれつきであるという認識を新たに持ちました。
• 大人の発達障害について、初めて詳しく知った。
• 従業員の特性を理解し、よりそうサポートを今後さらに強化していこうと思いました。
• 発達障害についての知識を得ることができた。とある会社での取り組みは参考になりました。
• 発達障害の対象者の説明により、対応の仕方、自分はどんなタイプでどのような対応ができるかは考えさせられた。
• 発達障害に対しての認識が変わりました。障害ではなく特性であるという考えで、向かい合っていきたい。
• 凸凹をあわせ、平らな世界が生まれることを知った。特異な目で見るのではなく、活かすことが大切と知った。

講座後の参加者の詳細の感想は以下から。
https://www.facebook.com/stresscheck/posts/719232741619730

[2017年09月12日]
カテゴリー: お知らせ
投稿者: 小太り産業医

クライアントでの管理職研修

今日はクライアント先で管理職のためのコミュニケーション・スキルである
「みる・きく・はなす技術」
について講演を行いました。

昨年のストレスチェックでの集団分析の結果を受けて、
今年初めてこの様なセミナーを計画したそうです。

写真はお互いに褒め合うワークを行っているところです。
私が無視されている写真ではありませんよ。

2分間だけでもいいので、隣の人を褒めるワークです。
初めて会う人もいるのですが、楽しそうになんとか褒め合ってます。
でも、やっぱり2分も褒め継続ができない人が続出。

たぶん、怒ることは2分なんてすぐ過ぎてしまいます。
むしろ足りないぐらい!と思っていても、
2分褒めるのは難しいことを実感してもらえたワークです。

 

日本ストレスチェック協会では管理職のための
コミュニケーション・スキルである「みる・きく・はなす技術」
を開催しています。

自分の会社でも話して欲しい!という担当者は↓をご覧ください。
企業研修と一般向け講座情報 Seminars

[2017年09月06日]
カテゴリー: 講演&メディア
投稿者: 小太り産業医

本日、岡崎労働基準協会で講演して参りました。

演題は

「長時間労働でもメンタルが大丈夫な人と落ち込む人の違い」

~電通事件から見えてくる本質~

 

主催者側の話しでは、いつもより人数、女性出席者が多かったようです。

電通事件のお話があるから?とも話しておりました。

この依頼も、5月19日(金)に愛知労働局での講演を聴いた産業安全専門官が岡崎労働基準協会に講師として推薦してくれました。

「新井先生という面白い話しをしてくれる産業医がいますよ!」と。

私の講演を聴いた方が、他の方に推薦してくれる。

こんなルートで依頼されると、とても嬉しいです。

 

100名を超える聴衆の前でお話しするのは若干緊張しましたが、途中からはリラックスしてお話しできました。

長時間労働は必ずしもメンタルヘルス不調に繋がるわけではありません。
では、どんな人はメンタルヘルス不調に落ち込み、どんな人は大丈夫なのか。
年間1000人以上の面談を通して、見えてきた背景をお伝えしました。

皆さん真剣に聴いてくださり、スライド作りなど苦労した面もありましたが、報われました。

 

次回、私が登壇するのは9月22日(金)です。

”大人の発達障害”について話します!

ご興味のある方は是非!

お申し込みはこちら! https://jsca.co.jp/special_seminar

ページ上部へ↑

ストレスチェックニュースへのリンク

不安・ストレス・悩み、職場のメンタルヘルストラブル等への対処、ストレスチェック制度への実践的対策等をサポートするコンテンツが多数あります。
小太り産業医のコラム、連載中!