株式会社なごや産業医事務所お問い合わせ、ご相談はこちら≫

ブログ&ニュース トップ ≫

カテゴリー

カレンダー

<  2018-11  >
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
≪ 最新の投稿    過去の投稿 ≫

最新情報

なごや産業医事務所のブログ&ニュース
[2018年11月06日]
カテゴリー: 講演&メディア
投稿者: 小太り産業医

先日、10月29日にJA愛知厚生連・豊田厚生病院にてハラスメントについて話してきました。

医療現場でハラスメントを考える
~有資格者集団という呪縛が生むメンタルヘルス不調~

このご依頼をいただいたきっかけは、かつて大学病院にて一緒に働いていた同期の先生からでした。
病院という特殊な職場だからこそ、ハラスメントが発生しやすいのですが、抜本的な対策がされないのです。

私が考える医療現場でハラスメントが起こりやすい七つの背景について一部お伝えします。
①セクショナリズム
「看護部の問題は、看護部で!」という縄張り意識
②感情労働の現場
自分に余裕が無いのに、他人に優しくできますか?
③信念対立
「全ては患者のために!」という原理主義が対立を生むこともあります。
④相談体制が構築されていない
病院の産業医は身内で相談できますか?

などなど、他の三つをお聴きになりたい病院関係者は呼んでくださいね。笑

病院職員の方々には、かなり耳の痛い話しだったと思いますが、ハラスメントによる離職者やメンタル不調者を減らす一対策として、心に響いていただければ幸いです。

かつて、小太り産業医は同じ系列の病院で働いていました。
私の講演を聴きに来てくださった中に、お世話になった方々もいて、懐かしい気持ちになりました。

[2018年10月09日]
投稿者: 小太り産業医

小太り産業医は毎年1月1日から面談について記録を残しています。

クライアント名、病名、状況、指示などなど。

そして、先日の10月5日に今年の面談者数が1000人に達しました。

昨年は1000人に達した日付が11月14日だったので、今年は一ヶ月以上も早く達成しました!

これからも、一つ一つ面談を丁寧にこなして行きたいと思います!

[2018年10月04日]
カテゴリー: 講演&メディア
投稿者: 小太り産業医

2018年9月28日に愛知県社会保険労務士会名古屋西支部にて、

会社と大人の発達障害との向き合い方
〜基礎知識から具体的対処箋まで〜

を講演してきました。

参加人数は67名で2時間近く話してきました。
社労士の先生方々も、クライアントから相談されるのか、関心が高く熱心に聴いておられました。

講演後、担当者から、

「大人の発達障害についての理解が深まった」
「顧問先に対して、レポートを作成して渡そうと思う」という好評の声をいただいております。

とメールをいただき、皆さんの一助になったのであればと、ホッと胸をなで下ろしました。

[2018年09月19日]
投稿者: 小太り産業医

先日、9月14日に愛知県経営者協会で講演を行ってきました。
今回は管理者向けのハラスメントとコミュニケーションスキル(みる・きく・はなす)を話してきました。

Ⅰ部のハラスメントとメンタルヘルスで、メンタルヘルス不調に落ち込ませるハラスメントを管理職の資質、会社全体の風土にわけ解説し、ハラスメントは上司との関係性が全てであり、部下にとって上司が職場環境であると話しました。

Ⅱ部では、理事を務める日本ストレスチェック協会の「みる・きく・はなす技術」を参加者の皆さんによるシェアとワークでお伝えできたと思います。

自分なりに、手応えのある講演でした。
その後、参加者の会社数社から同じ内容の講演依頼があり、嬉しく思います。

[2018年09月07日]
カテゴリー: 講演&メディア
投稿者: 小太り産業医

2018年10月1日~7日の全国労働衛生週間に向けての準備として、各地で説明会が行われています。
そんな中、2018年9月5日に一宮労働基準協会にて


ハラスメントがメンタルヘルス不調者を作る

~電通事件の本質はハラスメントか?~

を講演してきました。

ここ最近は本当にハラスメントの講演依頼が多くなってきています。
スケジューリングが苦手な小太り産業医は9月に3つも講演会の予定を入れてしまい、お尻に火が付きまくっていて、丸焼きになりそうです。

産業医がハラスメントを語るとき、何を話すべきかを考えました。
ハラスメントの定義、種類、対応法などは弁護士や社労士の先生がいろんな所で講演しているので、今さら産業医から聞いてもねぇ・・・、と思われるのが関の山です。

やはり、産業”医”なので医学的見地から話すことにしました。
そこで、ハラスメントとメンタルヘルスとの関係を中心にお話ししてきました。

今、小太り産業医が経験しているのは、ハラスメントを目撃している人がうつ病に陥っている従業員です。
実はハラスメントの現場を目撃しているだけでもメンタルヘルスが落ち込んでしまうというエビデンスは散見されます。
でも、会社の人達は「直接、ハラスメントを受けていないのになぜ?」と考え、なかなか解決に至っていません。
この結末もどこかでお話しすることもあるでしょう。

 

次は9月14日に愛知県経営者協会でお話しします。

ページ上部へ↑

ストレスチェックニュースへのリンク

不安・ストレス・悩み、職場のメンタルヘルストラブル等への対処、ストレスチェック制度への実践的対策等をサポートするコンテンツが多数あります。
小太り産業医のコラム、連載中!