株式会社なごや産業医事務所お問い合わせ、ご相談はこちら≫

ブログ&ニュース トップ ≫

カテゴリー

カレンダー

<  2021-04  >
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
≪ 最新の投稿    過去の投稿 ≫

最新情報

なごや産業医事務所のブログ&ニュース
[2016年07月26日]
カテゴリー: お知らせ
投稿者: 小太り産業医

サイコオンコロジーって何?と思われ読者は多いと思います。

サイコオンコロジー(Psycho-Oncology)は、
「心」の研究をおこなう心理学(サイコロジー=Psychology)
「がん」の研究をする腫瘍学(オンコロジー=Oncology)
を組み合わせた造語で、「精神腫瘍学」と訳され、1980年代に確立した新しい学問です。
サイコオンコロジーでは、がん患者さんとご家族の心理・社会・行動的側面など幅広い領域での研究・臨場実践・教育を行います。
~日本サイコオンコロジー学会HPより~
http://jpos-society.org/

現在、厚生労働省では「がん患者の就労」について議論されています。

疾患を抱える従業員(がん患者など)の就業継続
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jigyounushi/teichakushien/patient.html

医学の進歩によりがんで命を落とさなくなってきたのですが、がんと闘いながら生活や仕事を続けることが困難になる状況にあるため、この議論が生まれてきました。

私のクライアントでもガンと闘いながら就労を続けている従業員の方が何人かいらっしゃいます。
多くの方が、不安に押しつぶされそうになりながら、仕事をこなし生活をしています。そして、中にはメンタル不調に落ち込んでしまう方も少なくありません。もちろん、それを支える家族の精神的な負担も大きいと思います。
がん患者そして家族を精神面で支えるため、サイコオンコロジーという学問そして臨床が必要になってきます。

現在は、専門として病院およびクリニックや臨床医がまだまだ少ないのが現状ですが、徐々に増えることを願っています。

産業医としても、がんと戦いながら仕事を継続する社員とその家族をサポートしていきたいと考えています。

[2016年06月23日]
カテゴリー: お知らせ
投稿者: 小太り産業医

毎度の事ながら、遅々として筆が進むことが出来ない性格のため、

更新の間隔が長くなってしまいます。

今回は”幸せの因子”についてです。

 

ご笑覧ください。

 

幸せって何だっけ?

[2016年05月18日]
カテゴリー: お知らせ
投稿者: 小太り産業医
ノンバーバルコミュニケーション。
気になった方は記事を呼んでみてください。
部下との関わり合いにきっと役に立ちます。
相互理解は言葉だけじゃない
[2016年03月02日]
カテゴリー: お知らせ
投稿者: 小太り産業医

天皇陛下、インフルでも「体調次第でご公務」にネット反響 年間休日は「82日」しかない

昨日のJcastニュースでの記事です。 この記事の中で、私がコメントしております。

インフルエンザ発症日から公務への復帰も短すぎることを伝えました。 また、年齢・既往歴をから考え、さらに自分の親と思って考えてみてください、と記者の方に話しました。

特別な地位にいらっしゃる方だからといって、年間休日が厚労省の定める日数よりも少ないのはあまりでしょう。

宮内庁はブラック企業ですね。 過重労働撲滅特別対策班(かとく)の皆さん、次はココですよ!

[2016年02月24日]
カテゴリー: お知らせ
投稿者: 小太り産業医

本日、名古屋テレビで日本ストレスチェック協会の”みるきくはなす技術”を講演してきました。

制作会社の方々を中心にお話しする予定でしたが、講演の題名に興味を示してくれた名古屋テレビ社員からの参加希望も多く、予定の倍以上である約40名の方が出席されました。

現場におけるコミュニケーションの重要性と、理解しているけど、どうしたら良いのか分からないと感じている証左だと痛感しましたね。

この技術のひとつでも実践していただけると、より良い現場作りに繋がると思います。

講演後のアンケートにも”聞くことが大事と感じました””相手を認める事の大切さを知った”と書いてあり、少しはお役に立てたのかなと、家に帰って小太り産業医は一人思いながら就寝いたします。

ページ上部へ↑

ストレスチェックニュースへのリンク

不安・ストレス・悩み、職場のメンタルヘルストラブル等への対処、ストレスチェック制度への実践的対策等をサポートするコンテンツが多数あります。
小太り産業医のコラム、連載中!